産業振興を支援するネットワーク

ハガネの町で包丁研ぎの技術を伝承 ー やすぎ千軒

研ぎの技術を伝承し新たなビジネス・雇用拡大へ

活用した制度:やすぎ夢追人支援事業  活用時期:平成24年度

 

活気あふれるまちづくりを目指し、およそ100年前大商家を整備した交流施設「やすぎ懐古館一風亭」。同館は中心市街地活性化の拠点として、様々なイベントの企画・運営を行っています。

また地元の人が集う場として、年間を通じて大小のイベントが多彩に開催されています。その中でも人気を集めているのが、平成24年から始まった「包丁研ぎ屋」です。以前から、「やすぎ刃物まつり」の際に包丁研ぎは行われていましたが、「それ以外の日にもやって欲しい」と市民からの声が聞かれ、毎月第3土曜日開催するようになりました。

 

 

「社会環境が変化して、刃物を取り扱う専門家が少なくなっています。ハガネの町、安来市として名産の包丁を研ぐ技術を伝承することも使命だと思いました」と語るのは安来市商工会議所 産業振興アドバイザーの川崎さん。

この事業の開始時に「やすぎ夢追人支援事業」が活用され、包丁研ぎに欠かせない機械や道具・備品が整備されたほか、広報用のチラシが制作されました。現在は年間1000本以上の包丁が持ち込まれ、研ぎの技術の高さからリピーターが定着し、県外から一風亭を訪れる人も少なくないそうです。

歴史を感じる交流施設「やすぎ懐古館一風亭」

「おかげで安来産の刃物ブランド推進に寄与でき、誘客による中心市街地活性化にもつながりました。今後も継続していきます」と、支援事業の活用が魅力あるまちづくりを推進するきっかけともなりました。

利用者からの要望のあり、包丁からハサミ、鎌、鉈(なた)など、さまざまな種類の”研ぐサービス”が派生し、事業は広がりを見せいているそうです。さらに、包丁研ぎの職人は地元企業の日立金属、関係会社のOBが中心となって技術を研鑽し、シニア層の雇用拡大と生きがいの創出にも貢献しています。

やすぎ千軒
〒692-0021 島根県安来市安来町1639番地
TEL/FAX:0854-23-0007
http://kaikokan25.web.fc2.com/

 

活用した制度:やすぎ夢追人支援事業

Copyright © 産業サポートネットやすぎ SSY All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.